最近聞かない「裁判員制度」のこと

死刑とかの判決に関わるのは

2014/06/17

皆さんは裁判員制度についてご存知でしょうか。またご存知の方はその制度についてどのようにお考えでしょうか。数年前に裁判員制度が導入された時にはその制度について賛否両論が出ました。内容そのものをしっかりと理解できるような体制を日本が取れていなかったことも影響していました。この制度はアメリカの陪審員制度をモデルにしたものだと言われております、つまり法曹界の人間だけを裁きの第一線に置くのではなく、民間から選任された人間にも裁きに参加させることで法律関係者の一辺倒な考え方を押し付けないことを基本理念としたというものです。裁判員制度では一部の例外を除き国民全員にその資格と選任された際の義務を持つことが特徴です。しかしながら被告の死刑などを決めることの一翼を担う可能性もあり選任された方への精神的ストレスに配慮する必要があります。裁判官、弁護士、検察官と法律のプロにより法律に則り裁くので何ら自分を責める必要はないのですが、なかなか割り切れない部分があるのも事実のようです。

お気に入りサイト

社会保険労務士という仕事

↑ PAGE TOP